--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.06 *Sat

104.ドコダドコダドコダ

 
 一際大きな岩にふわりと登り、振り返ると、少女の笑顔でタイガーリリーは笑った。
 双子は思わず震えた。武者震いだけど。
 その笑みが、なぜか、「悪いけど、いま、私は狂っているの。宣戦布告するからね。」と言っているように見えたからだ。

 人々は、インディアンの村の中心地に集まり、タイガーリリーの到着を待っていたようだった。
 タイガーリリーは、一族の間を抜け、火のそばを通ると、用意されていた席に座る。
 隣に座っている大きな影は、酋長である彼女の父親だ。
 ユキとナツは、火を挟んで真向かいの、暗くて狭い場所に連れて行かれた。
 「あれ、あんたたち何してるのこんなところで」
 「ついにお前ら双子まで来たか、ここに」
 その窮屈な場所には、インディアンに捕まった海賊たちが集まり、膝を抱え肩を寄せあい座っている。ユキとナツもその中に体を沈め、隣の男に小声で尋ねた。
 「これからどうなるんだ?」
 「見ていればわかるよ。」
 太鼓の音がひときわ強くなり、ドコダドコダドコダ、すぐにやんだ。
 拍手といっしょに二人の男が表れる。
 彼らは、タイガーリリーの前に進み出ると、一人が頭の上に林檎をのせ、もう一人が遠くから林檎を狙い、ナイフを放った。

 ナイフは林檎に突き刺さる。

 「はぁ???なにこれ。何の意味があんの。」
 しーーーっと周りの海賊たちが、ナツをいさめる。

next
目次

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

カテゴリ

ココから読む(最新&履歴) (1)
ブログご案内 (1)
コメント記入所 (1)
リンク (1)
あらすじ (1)
【本編】HANDle my love (123)



QRコード

携帯でできるだけ読みやすいテンプレ設定にしてます

QR



メルマガ

更新に追いついている方で、メルマガで読みたい方向けです。 登録しても宣伝メールはこないので、よかったらぜひ。


HANDle my love
空メール登録は こちら



コメント=しおり

コメント欄に「ここまで読んだ♪」など記入して送信すると「しおり」代わりに☆
普通にコメント欄として利用しても○



プロフ&つぶやき日記

宍井智晶

Author:宍井智晶

読み:Sisy chiaki
2010.3.26
ペンネーム、変えました。ハルクミハル⇒シシイチアキ。
よろしく。

それから、ラジオブログはじめました☆
RADIO*TIKA(ラジオチカ) http://www.voiceblog.jp/kunotika/



目次

最近30日分の目次です。それ以前のものは、トップ記事にリンクをはってあります。



リンク

巡回ページ。当ブログはリンクフリーです。

春久の殿堂入り頁



カウンター



ブロとも申請フォーム

せっかくの機能。使ってみよー。

この人とブロともになる



☆ランキング☆

クリックしてくれるといろいろ嬉しいことがあるのだっV



別サイト

ブログ版を、改訂してこちらに掲載しています。言葉を足したり削ったり、かなりかえました。慣れると、こちらのサイトの方が断然見やすいので、のぞいてみて。



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © HANDle my love All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。